記事一覧

【スニーカートップセラーに聞く】今年のベスト&最多着用は?これからのシューズ事情も-KICKS LAB. 柿沼裕太-

アップロードファイル 4-1.webp
アップロードファイル 4-2.webp
アップロードファイル 4-3.webp
アップロードファイル 4-4.webp

毎週のように注目アイテムが発売された2018年、日本を代表するスニーカーショップのキーマンが選ぶ今年のベストスニーカーは?そしてダッドスニーカーの次にくるトレンドは何か。第7弾は、今年10周年を迎えた「キックスラボ(KICKS LAB.)」のマネージャー柿沼裕太。

■KICKS LAB.
2007年9月「スニーカー好きが集まる場所を提供したい」という思いを原点に、日本初となるスニーカートレードショー「KICKS LAB.」を開催。1年後の2008年10月に「今までの日本にはなかったスニーカーショップ」を目指し、同名のショップ「KICKS LAB.」がグランドオープン。国内外の枠に縛られず、独自目線でセレクトされた独創的なラインナップで、世界中のスニーカーフリークたちから注目を集めた。また、自社発信のコラボレーション企画も数多く発表している。
FASHIONSNAP.COM(以下、F):今年は何足スニーカーを購入しましたか?

柿沼裕太(以下、柿沼):年を取ると共にあまり買わなくなってきていて、今年は20足ぐらいですかね。

F:その中のベストがこちら。
柿沼:キックスラボの別注なんですが、アシックス(asics)とコラボレーションした「ゲルライト III」です。

F:アシックスとは昨年もコラボしていましたね。

柿沼:昨年は「火消し半纏」から着想して昔の消防団をイメージして作りました。今回が第2弾で「忍者」をイメージしています。うちはインバウンド客が多いため、日本らしいものをという思いから作り上げたもので。日本の方にも好評だったんですが、限定ものを探している海外の方に向けてしっかりとアプローチできたと思います。

F:デザインは柿沼さんが担当したんですか?

柿沼:デザインは別の者が担当しました。インソールとアウトソールに海外の方が好みそうなグラフィックを施し、カラーリングはシンプルではないですが、派手すぎずバランスが取れていると思っていて。当時の忍者がもしスニーカーを履いていたらこんな感じだったんじゃないかと考え作ったモデルです。
F:反響はありましたか?

柿沼:かなり売れましたね。第1弾を買ってくださっていたリピーターのお客様とインバウンドのメイン層でもあるアジアの方に加えて、今回はアメリカやヨーロッパの方の反応が良かったので世界に発信できたのではないかと思っています。

F:実際に私生活で着用も?

柿沼:元々ゲルシリーズのクッション性が好きなので、結構履きました。時代的に疲れない履きやすい靴を選ぶ傾向になっていますし、そこにも上手くマッチしたと思います。
F:アシックスは今月にミッドソール全面に「ゲル」を搭載したスニーカーを発売しましたね。

柿沼:本当に技術の進歩を感じますよね。ジェルを纏っているような感覚が素晴らしくて。「ナイキ(NIKE)」も360度エアのエアマックスを発表していますし、各メーカーから対抗したようなアイテムがどんどん出てくると思います。
F:同じ「ゲルライト III」でもこちらをよく履いた理由は?

柿沼:アッパー素材にゴアテックス(GORE-TEX®)を使用しているので、ゲリラ豪雨も心配なく履けるというところが気に入っています。実際、雨に強い靴を探しているお客様は多いですね。

F:旅行や出張でも活躍しそうですね。

柿沼:海外に買い付けしに行った時も履いていたんですが、長時間歩いても足が疲れないんですよね。出張のときは雨用としてこれと、「ニューバランス(New Balance)」を持っていくことが多いです。あと、1番ではないですが、コンバースのゴアテックスを搭載したオールスターも今年結構履きました。

F:今年のキーワードはゴアテックスなんですね。

柿沼:「ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)」が流行った影響か、ゴアテックスは水に強い素材という認識がファッションにあまり詳しくない人たちにも広まってきていると思っていて。今後もゴアテックスを使用したスニーカーはどんどん増えていくと思いますね。

F:ちなみに靴の手入れはどうされていますか?

柿沼:うちでも取り扱っている「ジェイソン マーク(JASON MARKK)」を使っています。汚れを放置すると取れなくなることがあるので、週に1回位はケアする感じですね。

F:国内だと男性が多いですか?

柿沼:男性が多いですが、スニーカーカルチャーがどんどん広まっているのか女性もかなり増えています。あと、カップルや家族での来店も多いですね。今年1号店ができてちょうど10年なんですが、オープン当時から来て頂いていたお客様が家族で来店してくれたり。嬉しい気持ちでいっぱいです。

F:今年はどういうスニーカーが人気でしたか?

柿沼:キックスラボではニューバランスが人気です。990はv4をメインで置いているんですが、v2やv3など前のモデルを求めている方も多く見られました。あと、ナイキは「THE TEN」を中心に、「エア モア アップテンポ (AIR MORE UPTEMPO)」なども人気でしたね。「シュプリーム(Supreme)」とコラボしたことをきっかけに再注目され伸びています。
F:990シリーズが人気の理由は何だと思いますか?

柿沼:ダッドシューズが注目されたからだと思いますね。ニューバランスの中でもボリューム感のあるモデルですし、上手くマッチしたんじゃないかと。

F:海外の方はどういうスニーカーが人気でしたか?

柿沼:中国の方が多いのですが、ナイキのエア ジョーダンと「アディダス(adidas)」が人気でしたね。

F:アディダスは具体的に何が人気でしたか?

柿沼:「イージー ブースト(YEEZY BOOST)」「NMD」「ウルトラブースト(Ultraboost)」と全体的に売れました。あと「ドラゴンボールZ」とのコラボは人気でしたね。
F:今後のスニーカー市場はどうなると思いますか?

柿沼:アウトドアテイストのアイテムや、アウトドアブランドのスニーカーが面白いんじゃないかなと。ゴアテックスがスニーカーに使われ始めているので、注目しています。

F:つまりはトレッキングシューズですか?

柿沼:そうですね。どんどん軽くなってきていますし、街で履いても違和感がないものも増えていると思うので。

F:アウトドアブランドで気になっているブランドは?

柿沼:「イノヴェイト(inov-8)」ですね。もともと登山用で作っていますし、アウトソールはゴツゴツしていてデザインも格好良く、軽くてクッショニングも良いんです。フェスやハイキングに行く人が増えてきているので、注目されそうですね。それこそザ・ノースフェイスの服が人気なので、合わせたりしてもいいと思いますし。

カトラリーの食卓にさり気ないおしゃれを

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

食卓をさり気なく彩ってくれるカトラリー。出産祝いや引っ越し祝いなどのプレゼントにも最適なアイテムです。そんなカトラリーは、優美な装飾を施したクラシカルなデザインのモノからモダンで独特なフォルムのモノまで多種多様。

そこで今回は、日本をはじめとする世界中のブランドから選りすぐりのカトラリーをご紹介します。
カトラリーとは、食卓用のナイフやフォーク、スプーンなどの総称です。

ホームパーティーのときなどには、カトラリーが揃ったテーブルコーディネートはきちんと整って見え、おもてなしの気持ちも伝わります。また、実際に使ってみると使い心地のよさにびっくりすることも。毎日の食卓に気軽に取り入れることで、食事を引き立てる効果も期待できます。
ナイフひとつ取っても、テーブルナイフ、デザートナイフ、フィッシュナイフ、バターナイフのようにさまざまな種類があります。これにフォークやスプーンも合わせると、約40種類ものカトラリーが存在。

日本の家庭用で揃えるなら、食事に合ったサイズのナイフ、フォーク、スプーンとティースプーン、ケーキフォークなどがあれば十分足ります。

銀は最高級の素材で、抗菌作用があり、かつては王族や貴族だけが使うものでした。なめらかな光沢と優しい口触りは現代でも、高級ホテルなどで重宝されています。

銀は豊かさの象徴であると考えられるヨーロッパでは、子どもが生まれた時に銀のスプーンを贈るという習慣があるほど馴染みのある素材です。

高価な純銀製品に匹敵するものとして、重量感を保ちつつ、表面に純銀コートを施したものを洋白銀食器と呼びます。現代では銀製品のほとんどが洋白銀食器です。高価なので、家族分を揃えると値が張るのが難点ですが、出産祝いや引っ越し祝いなどに贈ると喜ばれます。

ステンレスは最もポピュラーな素材で、錆びにくいのが最大の特徴です。光沢が美しく耐久性もあるので、日常使いには一番おすすめの素材。シルバー製と比べると、少し黒っぽい輝きを感じられる光沢です。

ステンレスは、鉄にクロムやニッケルを混ぜた合金で、クロムとニッケルの含有率を「18-8」のように表記します。「18-10」のようにニッケルが多く含まれるほど錆びにくく、値段も高価です。

木製カトラリーは優しくナチュラルな雰囲気が特徴です。自然が持つ柔らかく優しい質感は、食卓にぬくもりを与えてくれます。熱伝導率が低いので、こどもがスープなど熱いものを食べるときにおすすめです。

他の素材に比べて傷がつきやすく、耐久性で劣る点がデメリット。表面をコーティングされているものもありますが、匂いや汚れが付着しやすいという特徴もあります。

カトラリーの使い勝手を大きく左右するのはサイズ感です。大きすぎるものだと口に入れるのもひと苦労で、使用するのが億劫になってしまいます。

国産ブランドは日本人に合わせたサイズをラインナップしていることが多いのですが、海外ブランドを選ぶ場合は日本製のものより大きめのサイズが多いため、小振りなサイズのカトラリーを検討するのがおすすめです。

最も汎用性が高いのはシルバーのカトラリーです。和食器にも洋食器にもすんなり馴染んでくれます。とっておきの日のための華やかなカトラリーを用意したい方はゴールド、スタイリッシュで和食器にも合うモノを探している方はブラックがおすすめです。

カトラリーは、スプーン・フォーク・ナイフなどをセットにしてリリースされています。一人暮らしの方におすすめの1人分のセットから、家族で使う際におすすめの複数人分のセットまであるので用途に合わせて選んでみてください。

柳宗理は日本を代表するインダストリアルデザイナーです。オリンピックの聖火台、家具、食器、そしてカトラリーとさまざまな作品を世に送り出しています。使いやすさを追求したモノづくりに定評があり、立体模型によって使用感を検証しながら形作られるディテールが魅力です。

家庭でよく使うカトラリーをまんべんなく詰め合わせたこちらのセット。デザートナイフ、デザートスプーン、デザートフォーク、ティースプーンが各6セット入っています。汚れや傷が目立ちにくいマットな質感と、飽きのこないシンプルな形状が特徴。

ホームパーティーをする機会があまりない家庭でもこれだけあれば、お客様へのお茶出しがスマートに決まります。18-8ステンレスの素材で耐久性も抜群。新築祝いや結婚祝いなどのギフトにもおすすめのセットです。

ヘッド部分が横広にデザインされていて、丸みを帯びたフォルムが可愛いディナースプーン。スープやご飯がすくいやすく作られています。少し独特な形状を持ちつつも、どんな食器や料理にも調和するデザインなので、和洋問わずに使えるアイテム。

素材にはステンレスを使用し、マットな質感に仕上げられていて、傷が付きにくく汚れや傷が目立ちにくいのがポイントです。お手入れが楽なので、普段使いにぴったり。ステンレスの心地よい重みが、しっくり手になじむ一品です。

スナオは、新潟県の燕新興工業のブランドです。燕新興工業は、数々のデザイン賞を受賞し、ニューヨーク近代美術館でも扱われる商品を生み出したカトラリーメーカー。

日本人の体に合わせて、全体的に細めで小ぶりのつくりになっているのが特徴で、箸と並んでもしっくり溶け込むデザインのものばかりです。

ディナーナイフとディナーフォーク、ディナースプーン、ケーキフォーク、ケーキスプーンが各2セット入っています。日本の家庭の日常に必要なカトラリーがペアで揃っているので、結婚祝いにおすすめです。

ほとんどのカトラリーの裏面の角がカットされたかまぼこ型で、手にぴったりフィットするのが特徴。細くくびれたスタイルとともに、全体の重量バランスが調整されているため、極上の持ちやすさにつながっています。シンプルながら、使うと違いが分かる高品質な製品です。

ナイフの背が食材をカットする際に力が入りやすいようにフラットになっており、人差し指に当たる部分が一番太くなっています。そのまま置いても汚れないように、刃先が少し浮く設計。くびれからのカーブが、手に取るときに持ち上げやすい形状です。

炭素を多く含むハイカーボンステンレス素材を使用しているので硬度が高く、切れ味がよくて長持ちするのが特徴。また、片側のみに刃を刻んだ波刃タイプなので、カットする際に器を傷めにくいのがポイントです。ツヤを抑えたマット仕上げは、落ち着いた印象を与えます。

新潟県燕市にある小林工業は日本で初めてカトラリーの生産を始めた老舗メーカー。ラッキーウッドは、国内トップクラスのカトラリーブランドで、高級百貨店でも扱われ、昔から結婚式の引き出物にもよく用いられている製品です。

「よいものを長く大切に」がブランドコンセプトで、その時代のライフスタイルに合わせたデザインのカトラリーを高品質で提供することに情熱を注いでいます。

お手頃なお値段でありながら、エレガントで上品な光沢があるヴィスビーシリーズのティーケーキセットです。ティースプーンとケーキフォークが各5本入っています。背伸びせずに買える価格帯は、新生活を始める若い世代やちょっとしたプレゼントにもぴったり。

お揃いのカトラリーがある生活の心地よさを感じる第一歩におすすめのセットです。安価ですがラッキーウッドの製品なので品質は確か。18-8ステンレス製で錆びにくく、耐久性にも優れています。

ラッキーウッドが1985年に70周年記念として作ったシルバーレークシリーズのセットです。4種類のカトラリーが各6本ずつセットされています。

日本の家庭に銀食器が根付くことを願って作られたこのシリーズは、洋白銀器の中では価格が抑えられているのが特徴。手が届く価格帯の洋白銀器をお探しの方におすすめです。

シルバーならではの輝かしい光沢があり、きちんとお手入れすれば一生モノになり得ます。控えめな装飾とシンプルな形状が飽きずに愛用できる高級品です。

アルファクトは、新潟県燕市で1923年に創業した荒澤製作所の高級カトラリーブランドです。ハンドル部分にリボンの模様がある「シャルル」や唐草文様の「フランシア」、和食器との調和を軸にデザインされた「琵琶」など多くのシリーズが展開されているのが特徴。

無料で名入れ彫り込みサービスがあるのがうれしいポイントで、結婚祝いなどにイニシャルや名前などを彫り込んでプレゼントするのがおすすめです。

ディナーナイフからケーキフォークまで一通りのカトラリーがペアで揃えられるセットは新生活を始める新婚家族にもぴったり。ふたりのイニシャルを彫り込んでプレゼントすれば、記念の特別なカトラリーになります。

18-10ステンレスの高品質なカトラリーセットは、毎日の食卓を格上げしてくれる一品です。シンプルで優しい丸みのあるフォルムは、手にもなじみやすく、添えられる料理を引き立ててくれます。

ロココ調の唐草文様に金メッキがアクセントに利いたフランシアのセットです。5種類のカトラリーが各6本入り。裏側にもゴールドの装飾があり、食事中にナイフやフォークをハの字に置いたときも美しさが堪能できます。

ゴールドのカトラリーは豪華ですぎて普段使いにはしづらいと敬遠している方にもおすすめ。部分的なゴールドのあしらいで、ほどよい華やかさが感じられます。

愛知県の世界最大級の陶磁器メーカーです。カトラリーメーカーとしては知らなくても、カップやお皿などの食器を製造するメーカーとしては認知度が高く、洗練された装飾の美しさと、職人技術の造形美には定評があります。

ノリタケのカトラリーは食器と同じく、上品でおしゃれ。毎日暮らしをワンランクアップするアイテムとしておすすめです。ノリタケのこだわりのカトラリーでティータイムや食事を過ごせば、自然と気分が上がります。

ノリタケのフォーク5本セットです。持ち手の部分は貝殻のような模様に、小さいドット状のゴールドがアクセントになっています。控えめなゴールドは上品さと高級感があり、ティータイムが一気に華やかにランクアップ。

スプーンのセットもあるので、お揃いでテーブルコーディネートを楽しむこともできます。優しい印象のカトラリーで女性へのプレゼントにおすすめの一品です。

ヤマコは新潟県の山崎金属工業のカトラリーブランドです。日本のカトラリーメーカーでありながら、1991年ノーベル賞創設90周年の晩餐会のテーブルウェアに選定されるなど、世界に通用する高品質で洗練されたデザインのカトラリーを作り続けています。

その後も日本発のクルーズトレイン「ななつ星in九州」やJR東日本トランスイート四季島で採用されるなど、進化はとどまることがありません。おもてなしに最適なエレガントラインから、どんな食器にもなじみやすいシンプルラインまでさまざまなシリーズが展開されています。

スワロフスキー社のジュエリーストーンをあしらったコーヒースプーンのセットです。ハートにかたどられた繊細な持ち手には、一粒のスワロフスキーが輝いています。その佇まいは、とても上品で優雅。特別感を出したいときのテーブルコーディネートにぴったりです。

ほかにもイルカの口元にスワロフスキーをあしらったシリーズもあり、それぞれにゴールドとステンレスの仕様があります。ピックフォークとのセットもあるので、お好みで揃えるとゴージャスなティータイムが演出できます。ひと味違うカトラリーをお探しの方におすすめです。

『ホンマでっかTV』で売切れ続出

「ここ1年で、メーガン妃の影響により、サステナブル・ファッションについて改めて考えた人は多くいると思います」とハリエットは言う。
「これまで“サステナブル・ファッション”という言葉にあまりいいイメージはありませんでした。しかし今、メーガン妃がアマゾンの熱帯雨林で取れる自然のゴムを使用する『ヴェジャ』のスニーカーを履いている姿を見て、『グッチ』のシューズと同じくらいかっこいいということだけでなく、素晴らしいストーリーが隠されていることに気づくのです」と力強く語った。
「ネッタポルテ」のグローバル・バイヤー・ディレクターのエリザベス・ヴォン・デー・ゴルツは、「これは、ファッション業界の人々が語り合わなければいけない、とても大切なトピックです。そのため、メーガン妃のような人が先陣を切っていることは素晴らしいこと」と説明した。

ロレックスYachtマスターsを見るとき

非宝石モデルのように、このヨットマスター40は2015年に導入されたYosterflexストラップに付属しています。技術的にゴムではなく、エラストマーストラップは、それにより安全な合うものを与えるために、下にチタンニッケル合金「刃」で合います。ストラップには、下によく受け取られた「ひれ」があります。そして、それは熱いと寒い天気の間、若干の柔軟性を考慮に入れている皮膚とブレスレットの間に非常に小さなスペースをつくるようになっています。ダイヤルが少し異なる、ロレックスが非宝石モデルのマットダイヤルとは対照的に光沢のある黒い仕上げを選択すると。
機能は、機能的な双方向ベゼルに影響を受けません、それはまだ100 mの水抵抗で本当のダイビング腕時計です。二重反射防止コーティングされた結晶とクロマライトは、暗闇の中で読みやすさのために作る必要があります。運動に関しては、我々はまだ48時間の予備力を得るSubMarinerのようなモデルで見つかる口径3135の運動をまだ見ます。
ロレックスDateePearlmaster時計は数年前に導入されたほとんどの女性の作品だったが、39 mmモデルは、それがユニセックスの作品を意味するDataMasterと同じようにラベルされました。私と他の多くのために、宝石とダイヤモンドのベゼルとダイヤルの間に、それはすべてのビットです。ロレックスYachtマスター40 116695 Setsを見るとき、私は、まだダイヤルを残さないことによって多くの時計のアイデンティティとDNAを保持するベゼルの上で宝石でスポーツ腕時計である時計を見ます。
私は、明るくてカラフルなタイまたはソックスと混ざり合っている男性のスーツの実行の現在の人気が色を(若干の抑制で)追加する傾向を示していると思います。この腕時計はネクタイよりも多くのコストがかかるが、私はそれはほとんど同じように表示されます。それはあなたのパーティーにあなたのスタイル(および銀行口座)の罪悪感と汚名なし、公正かどうか、あなたのより保守的な時計のコレクターの友人にアフターマーケットの仕事に向かうのを誇示するために着用しています。
私はそれがちょうど私であるかどうかについて話すことができません、しかし、私は宝石の上で色がとてもカラフルであるとわかりません。そして、彼らがしばらくの間、見たくてたまらないです。石は絶対に完璧であり、それは多色のアレンジの遊び心に自信のレベルを追加します。率直に言って、私はしばしば貴重な石で工場部分を見ません、そして、彼らがちょうど融通がきかないので、私は自分自身に「私は、週末の間それを着ます」と思います。私はここで同じ方法を感じないでください、私はほとんどの日または夕方イベントにこの部分を着て、自意識または不安を感じません。
あなたが私を知っているならば、あなたはその貴重な宝石とカラフルな美学が本当に私のお茶でないということを知っています。それが言われて、私が助けることができないが、宝石セットベゼルでロレックスヨットマスター40 116695 Setsについて何かがあります。もう一度、これは主にアジア、特に中国の市場に販売される予定です、しかし、私は1つの手荷物なしでこの腕時計を引き離すことができると思います。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ