記事一覧

カリ・ヴティライネン 独立時計師界の巨星が過小評価されていたデンマークの時計メーカー復活に全身全霊を捧げる理由

フィンランドを出自とするこの時計職人は、秘石ともいうべきブランドの未来を描くため、過去の経験を最大限に活用している。

カリ・ヴティライネン(Kari Voutilainen)は独立時計師界隈で最も忙しい男かもしれない。

フィンランドで生まれ、長らくスイスのモティエを拠点としてきた彼はこれまでに8つのGPHG賞を受賞し、自社製ムーブメント(マニュファクチュール)に加え、時計界で最も需要の高いダイヤル専業メーカーを所有・経営している。彼はまた、大小さまざまな時計メーカーとのクリエイティブなコラボレーションにも長けており、ときには大成功に導くこともある。

しかし、彼のキャリアの初期にあたる1990年代半ばに仕事を請け負っていたウルバン・ヤーゲンセン社を買収するという千載一遇のチャンスが彼の足元に舞い込んできたとき、彼はその話に乗ることに抗えなかった。数週間にわたる噂やソーシャルメディア上の情報の錯綜を経て、2021年11月下旬、ヴティライネンが投資家グループを率い、かつてのデンマークのオーナー一族からウルバン・ヤーゲンセンを買収し、自らが新CEOに就任したというニュースが世界中を駆け巡った。

ウルバン・ヤーゲンセンは、前オーナーのピーター・ボームベルガー(Peter Baumberger)氏と時計師デレク・プラット(Derek Pratt)氏の尽力により、現代の独立系時計メーカーのパイオニアとして認められている。2010年にボームベルガー氏が亡くなって以降、ここ2年間で独立系時計メーカーに対する関心がかつてないほど高まったにもかかわらず、ウルバン・ヤーゲンセンはマーケット上での一貫したリーダーシップを発揮できず、コレクターのあいだで人気が低迷していた。

1996年にパルミジャーニ・フルリエで修理の仕事をしていたとき、初めてボームベルガー氏の目に留まったヴティライネン氏は、まさに新世代をリードするのにふさわしい人物だった。ウルバン・ヤーゲンセンとの関係、北欧時計文化への想い、ビジネス哲学、そして今後の展望を語ってもらった。


【関連記事】:https://bookmess.com/u/shoping711

コメント一覧

私が初めて買った腕時計 URL 2022年01月12日(水)12時45分 編集・削除

その時計を振り返ることで、私は昔の自分、そして今の自分を知ることができた。ロレックスすべての時計には、何かしらのストーリーがあるのではないだろうか。たとえそれが、自分以外の誰かにとっては何の意味もないものであっても。私はそう思っている。

オメガのスピードマスター URL 2022年01月12日(水)16時02分 編集・削除

オメガは多くのスピードマスターを幅広い価格帯で製造している。

キング・オブ・ロレックス URL 2022年01月12日(水)17時18分 編集・削除

「キング・オブ・ロレックス」「キング・オブ・クロノグラフ」などといった称号を欲しいままにしてきたデイトナ。いつかは欲しい腕時計として、憧憬を頂き続けてきた方は少なくないでしょう。

オリンピック腕時計 URL 2022年01月14日(金)18時19分 編集・削除

東京2020オリンピック腕時計シリーズ

2022年春注目の3大バッグ URL 2022年01月15日(土)00時24分 編集・削除

2022年の春に向けて、女性の心をときめかせてくれるような新作バッグが人気ブランドから登場する。新生活を迎える人には通勤・通学にも使えるようなトートを、春の軽やかおしゃれを楽しみたい人にはトレンドのミニバッグを……自分好みのバッグを見つけて2022年の春ファッションを思う存分楽しんでみては。

2022年春注目の3大バッグ URL 2022年01月17日(月)10時59分 編集・削除

2022年の春に向けて、女性の心をときめかせてくれるような新作バッグが人気ブランドから登場する。新生活を迎える人には通勤・通学にも使えるようなトートを、春の軽やかおしゃれを楽しみたい人にはトレンドのミニバッグを……自分好みのバッグを見つけて2022年の春ファッションを思う存分楽しんでみては。