記事一覧

パルミジャーニ・フルリエの新作トンダ PF GMT ラトラパンテは、今年一番の控えめな時計

これは一般的なGMTでもラトラパンテクロノグラフでもないが、それでもこれが素晴らしい時計であることに違いはない。

昨年8月のGeneva Watch Daysで、私はパルミジャーニ・フルリエの新しいトンダ PF コレクションは「何かとてもエキサイティングなことの始まり」だと書いた。そう言ったとここでお伝えするのはためらわれるものの、今回はまさにその通りだった。2021年1月にCEOとして同ブランドに加わった同コレクションの設計者であるグイド・テレーニ氏は最近、パルミジャーニがすでに2022年に生産できる総本数がソールドアウトしたことを知らせてくれた。トンダ PFは間違いなくヒット作だ。

パルミジャーニフルーリエ スーパーコピー カルパ トンダ42 エミスフェールPF600215

ケース径 42 mm
ムーブメント / キャリバー 自動巻き / cal.PF337.01
防水性能 30m防水
風防 サファイアクリスタル風防
仕様 日付表示
GMT
付属品 メーカー純正BOXあり
国際保証書あり
ケース素材 ステンレススチール
ベルト素材 革
ベルトタイプ ストラップ ベルトサイズ計り方
文字盤カラー シルバー

パルミジャーニ・フルリエというブランドの周りには、とてつもなく大きな好意とポジティブなエネルギーが蓄積されているように感じる。先月末にジュネーブで開催されたWatches & Wonders 2022でも、その雰囲気は変わらず、2021年8月のデビュー以来初めてとなるトンダ PFのラインナップ拡充を目の当たりにすることができた。同社は期待を裏切らなかった。私たちはトンダ PF初のスケルトンと同じく初のトゥールビヨン搭載モデルを目撃したが、ショーのハイライトは明らかにこの新しいトンダ PF GMT ラトラパンテのリリースだった。

同社が「世界初のコンプリケーション」と豪語するこのモデルは、多くの賞賛を集めている。トンダ PF マイクロローターの成功を支えたスリムなフォルムに、デュアルタイムゾーンのコンプリケーションを巧みに取り入れたモデルだ。トンダ PF GMT ラトラパンテは、繊細さと控えめさを何よりも優先しており、それはエンドユーザーにとってプラスにもマイナスにもなるかもしれない。

なぜなら、ある視点から見れば、パルミジャーニの最新作を見て、機能的にはGMTでもラトラパンテでもないと思われるかもしれないからだ。そして、もしあなたが時計用語に対して極めて衒学的であるならば、私はあなたに同意するかもしれない。しかし、その時計が何であるかという部分に注目してみよう。このパルミジャーニ・フルリエ トンダ PF GMT ラトラパンテは、ここ数年で最も興味深く、控えめなデュアルタイムウォッチのひとつである。

パルミジャーニの最新作は、みなさんがよくご存知のGMTコンプリケーションとは異なり、日付表示窓もAM/PM表示も24時間針もない、トラベルジャンルのモデルだ。また、HODINKEEでよく紹介されているラトラパンテ機構とは異なり、クロノグラフでもない。一見すると、時間表示のみの2針時計で、昨年のトンダ PF マイクロローターよりもさらにシンプルな時計に見えるかもしれない。この抑制された錯覚こそがポイントなのだ。トンダ PF GMT ラトラパンテは、できることをわざわざ隠している。

そのヒントは、8時位置付近のティアドロップ型ラグに内蔵されたケース上のプッシャーにある。このプッシャーを押すと、ホワイトゴールドの時針が1時間単位で動き出す。ローズゴールドのセンター時針は、ホワイトゴールドの時針の下から姿を現し、ホームタイムを示すために元の位置に留まる。ホワイトゴールドの時針で新しいタイムゾーンを設定することができ(1時間のオフセットのみ、つまりニューファンドランド島は非対応)、ローズゴールドのセンター時針は、元の時刻とホームタイムを示す。

第2時間帯の必要性がなくなると、3時位置のリューズの一部となっているローズゴールドのプッシャーが、ローズゴールドの針と同軸上に配置されたホワイトゴールドの時針を元の位置に戻す。このプッシャーを押すと、シルバーの針が文字盤を一周し、ローズゴールドの針がその下に一瞬で消えるのを見ることが可能だ。

パルミジャーニは、トンダ PF GMT ラトラパンテの設計と実装に関するいくつかの特許を持っているため、正確にどのように動作するのか、彼らは共有することが難しかった。しかし、私の理解は、それはクロノグラフと同様に、12スポークのスターホイールとリセット機構を管理するハート型のカムがこの機構に含まれているというものだ(スプリットセコンド・クロノグラフに見られるようなハサミのようなクランプはない)。ケースサイズは40mm×10.4mmで、フラッグシップモデルであるトンダ PFの40mm×7.88mmと比べると、驚くほど小さなサイズに収められている。

実際に手に取ってみると、トンダ PF GMT ラトラパンテは、時計製造の最も人気のあるカテゴリーのひとつにある時計を、洗練された形で簡略化したものであることがわかる。GMTでもラトラパンテでもない、伝統的な意味でのGMTであり、その名前に反してどちらかになろうとしているようには感じられない。日付窓、AM/PM表示、24時間針など、杓子定規なGMTコンプリケーションの代用品は世のなかに無数に存在する。同じものがもうひとつ必要だとは思わない。パルミジャーニがもたらしたのは、ツールウォッチとしてではなく、ラグジュアリーグッズとして認識させる、真に斬新で新鮮な表示のあり方なのだ。


【関連記事】:ankopiスーパーコピー 優良サイト ランキング

コメント一覧

tote711 口コミ URL 2022年05月13日(金)11時24分 編集・削除

スーパーコピー 優良サイト 口コミ スーパーコピー 買ってみた スーパーコピー 安全なサイト スーパーコピー信用できるサイト