記事一覧

【2022年 新作】四季を表現するラドーの新作「トゥルー シンライン グレート ガーデン オブ ザ・ワールド」を披露

ラドーから、移ろう四季をハイテクセラミックで表現した「トゥルー シンライン」の新作4モデルと、限定コレクターズボックスが発表された。庭園を紹介するサイト、グランディ ジャルディーニ イタリアーニとのコラボレーションモデルだ。

イタリアの庭園の魅力を広める、「グランディ ジャルディーニ イタリアーニ」とのコラボレーションモデル

ラドーは、イタリアの庭園を紹介しその価値を再認識していくという目的で、1997年に設立された「Grandi Giardini Italiani」(グランディ ジャルディーニ イタリアーニ=偉大なるイタリアの庭園)というポータルサイトとのコラボレーションを2017年より提携している。

自然に対する両者の共通の関心は、ラドー トゥルー シンライン シリーズに新たな「トゥルー シンライン ネイチャー」コレクションを生み出し、さまざまなカラーのハイテクセラミックで自然を表現したモデルが「グレート ガーデン オブ ザ・ワールド」として、2021年より発表されている。

ラドーの中でも、トゥルー シンラインはモダンな佇まいのデザインが特徴的なコレクションだ。そこに地球と自然を称えたカラーを加えることにより、ただモダンなだけではない有機的な親しみを見るものに与える。またスリムで非常に快適な着け心地を誇る薄型ウォッチとしても、時計ファンに広く知られている。

今回披露された本シリーズの最新作は、四季それぞれの魅力と想像力をかきたてる「The Four Seasons」である。4種類のモデルは、それぞれ異なるカラーで、季節に合わせたユニークなファセット加工のサファイアガラスをまとっていることが特徴のひとつだ。途切れることなく、永遠に続く自然の移り変わりに合わせ、正確で信頼性の高い時間を刻む、ということを表している。

これらの新モデルはすべて、2針表示のクォーツムーブメント、キャリバー ラドーR420を搭載している。2021年に発表された3モデルはそれぞれ作品名に「Chapter1~3」が付いており、本作も「Chapter4~7」とそれを引き継いでいる。

コメント一覧