記事一覧

ゼニスの時計製造の歴史は、興味深い機械的特性や美的特性を備えた無数のエキサイティングなタイムピースで埋め尽くされており

ゼニスは、ハイビートの自動巻きクロノグラフムーブメント、エル・プリメロの重要性と歴史について、素晴らしい啓蒙活動を行ってきた。同時に、エル・プリメロに注目が集まるあまり、ゼニスの時計製造の歴史は、興味深い機械的特性や美的特性を備えた無数のエキサイティングなタイムピースで埋め尽くされており、つい見逃してしまいがちだ。

ゼニス エルプリメロ スーパーコピークロノマスター1969 45mm 03.2520.4061/69.C714

1969年発表の初代エル・プリメロをイメージした色使いに、現代のゼニスのシンボルであるダイヤルをくりぬいた「窓」を融合させた「エルプリメロ クロノマスター 1969」。
現在まで続く自動巻きクロノグラフの名機「エル・プリメロ」の歴史を表した一本と言えます。
こちらは存在感のある45mmケースにブラックアリゲーターストラップのシックなモデル。
ケースはシースルーバックになっていますので、機械式クロノグラフの動きをお楽しみいただけます。

今年初めにゼニスのデファイ リバイバル A3642が発表されたとき、私がとても魅力的だと感じたのはそのためだ。ゼニスの豊かな歴史の新たな側面を浮き彫りにし、最終的には私がデファイのヴィンテージモデルを手に入れるきっかけとなった。歴史あるスイスの時計ブランドがアーカイブを公開することは、現代の時計コレクターや愛好家にとって、これまで触れることも評価されることもなかった時計製造の歴史の一端を知る機会となることだろう。

だから、このような歴史的に重要で知的な満足感を与えてくれる時計の発売が、ほとんど独占的なパッケージングであることは気にならない。他にどんな表現があるだろうか。結局のところ、10本しかないこの時計は、それぞれ13万2900スイスフラン(約1800万円)という高価格で、フィリップスを通じて独占的に販売される予定である。しかし、ゼニスはフィリップスやヴティライネンと提携し、このプロジェクトを秘密裏に完成させることもできたはずだ。この3社には、10本すべてを売り切るだけの富裕層と顧客層があるのだから。しかし、彼らはそうしなかった。完成した作品についてオープンにするということは、将来、何らかの形でこの作品が見直される可能性が非常に高いということなのだ。

ゼニスにとって、今日のリリースがもたらす本当の影響は、やがて数年後に起こるだろう。新しいゼニス キャリバー135 オプセルヴァトワール リミテッドエディションによって始まった議論は、現在、Cal.135のコマーシャルエディションを搭載した過小評価されているゼニスのヴィンテージウォッチに興味を持つ無数のコレクターの目(と財布)を開くことになると思う。そしてその興味は、将来ポートロワイヤルのような3針時計コレクションの復活への道を開くことにもつながるであろう。

時計製造における多くの事柄と同様に、ゼニス キャリバー135 オプセルヴァトワール リミテッドエディションの8桁の価格やほとんど入手不可能であることは、このモデルがそもそも魅力的で興味深いものであることを考えると、まったく二の次となる。大事なことは、Jobin、Gygax、Fleckの3人の手によって初めて世に送り出されてから50年以上経った現代において、その歴史と紛れもないクオリティにスポットライトが当たっていることなのである。

【関連記事】:ankopiスーパーコピー 後払い 国内発送

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー