記事一覧

私は常に、ロレックス(Rolex)の創造性に憧憬の念を抱いてきた。

彼が生み出してきた時計はどれも美しく、ひと目で彼のものとわかる。単純なことに聞こえるかもしれないが、時計が次々と発表されて海のように市場を埋め尽くすなか、これは間違いなく記念碑的な偉業である。何年も前、彼の代表的なデザインであるヨットマスター42 226659を初めて手にする機会を得たときのことを思い出す。それまで見たこともないデザインに直ちに心を奪われた。その後、まったくの偶然によりジュネーブのアトリエで、ほんの少しだけ彼にお会いできる機会を得た。遠くから憧れてきたデザインを手がける人物を目の前にして、非現実的な思いであった。

関税なし!ロレックス スーパーコピー ヨットマスター42 226659

型番: 226659
モデル: ヨットマスター42
外装: ホワイトゴールド
ガラス材質: サファイアクリスタル
ケースサイズ: 42mm
バンド材質: オイスターフレックス
ムーブメント: Cal.3235
駆動方式: 自動巻き
パワーリザーブ: 約70時間
機能
防水: 100m
耐磁: あり
アップサイジングしたヨットマスターは、より精悍な顔立ちに

ディープシーやヨットマスターIIに次ぐ42mmケースへとアップサイジングされた、ヨットマスターの新作がこちらです。
42mmというと、40mmが主流のロレックスの中ではかなり大きめと言えるでしょう。さらに、これまでラグジュアリー一辺倒だったヨットマスターにはない黒基調。この部分も従来のヨットマスターと比べ、凛々しさが加わりました。
とは言え素材はホワイトゴールド、そしてセラクロムベゼルはマット仕上げになっており、他のスポーツロレックスとは一線を画したラグジュアリーさは健在。大人気のオイスターフレックスと組み合わさったことによって、やはり登場後に大人気&品薄を博したエバーローズゴールドのRef.116655を彷彿とさせるデザイン性です。もともとヨットマスターは、「ヨッティングを楽しむセレブの余暇」をコンセプトに作られました。そういったコンセプトは守りつつも、どこか野趣的な精悍さをも持ち合わせている新作です。

ヨットマスター42 226659は2008年に発表された。それまでの彼のデザインに比べると、新鮮で若々しくなったといえるだろう。ケースはタンタル製で、ケースの金属の選択としては、今だにかなり珍しいものである。伝統的なステンレススティールや貴金属であるホワイトメタルに比べてやや濃いグレーの外観である。タンタル仕上げにより重厚感ももたらされている。

コメント一覧

ウィッグ どこで 買う URL 2022年11月17日(木)13時05分 編集・削除

髪型やフリカケでカバーできなくなってきたから、かつら(ウィッグ)を使うという方も少なくありません。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー